太極拳と推手!!伝統楊式系健気服扇功社のブログ

太極拳の推手を中心に練習している、太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室のブログです。伝統的な楊式太極拳の系統が練習の中心です。練習内容は、伝統太極拳の15式、基本法(10種類の気功練習法)、推手です。月曜日 19:30~21:00東京都板橋区、仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)にて練習中

太極拳の剣術!!崑吾剣(昆吾剣)のご紹介!!

太極拳の練習では、武器術(兵器術)を弊習する場合があります。

 

これは、太極拳の技術を習得するために、武器術(兵器術)の練習が、大きな助けとなるためです。

 

武器術(兵器術)を弊習する事が、上達を飛躍的に高める部分があります。

 

太極拳で練習する武器術(兵器術)では、「剣」が有名です。

 

中国でいう「剣」とは、両刃で反りのない形状の兵器を言います。

 

突、切りの動作を主としますがその動作数は多く、非常に高度な技術が必要であるとされています。

 

当流では、「崑吾剣」と呼ばれる剣術を練習します。

 

この「崑吾剣」は、「昆吾剣」と表記される場合があります。

 

どちらかというと、後の「昆吾剣」の表記の方が一般的かもしれません。

 

当流の李書文系の八極拳などを継承している、蘇昱彰派では、「崑吾剣」の表記を主に使うため、こちらを使いました。

 

この「崑吾剣」は、八極拳の達人として知られる、李書文の関門弟子(最後の正式な弟子)である劉雲樵が、山東省の張驤伍将軍から、楊式太極拳と共に伝承したものだと言われています。

 

下記は、「崑吾剣」のご紹介動画です。よかったらご覧ください。

 

 

 

 

太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室では、太極拳の推手を中心に練習しています。十五式太極拳(伝統楊式系)、基本功法(気功)と推手(太極推手)を練習中です。 興味のある方は、下記をご参照下さい。

 

場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00

 

TEL  09051393289

mail taijiquan20184@docomo.ne.jp

HP  https://sites.google.com/site/taijiquan20184/

 

○ブログ村○ 

 にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
にほんブログ村

 

楊式太極拳の中興の祖!!楊式太極拳の三世、楊澄甫について!!

楊澄甫は、楊氏三世です。中国武術である太極拳楊式太極拳中興の祖と呼ばれています。

 

北京出身で、祖籍は河北省永年県で、本名は楊兆清と言います。字は澄甫。

 

子に楊振銘(守中)、楊振基、楊振鐸、楊振国がいます。

 

親戚の趙斌、傅鍾文にも武術を教えました。

 

父親である、楊健侯に幼い頃より武術を教わり、後年には祖父の「小架子」、父が改良した「中架子」に、さらに健康への要求を考慮した「大架子(楊露禅の108式に対し、一般に85式と呼ばれる)」を完成させました。

 

また、「十三要點」も残しました。

 

父健侯と共に北京で指導し、健侯の死後は、武漢、南京で武術を教えました。

 

1912年頃に、許禹生からの要請もあり、北平体育研究社で指導しました。

 

1928年には張之江から強く要請され、南京中央国術館の武当門長に就任し、その後も、杭州、上海、広州などで指導しました。

 

各地へ出向いて楊式太極拳の発展に尽力し、現在の世界規模での普及の基礎を作ったと言えます。

 

現在の制定拳の簡化24式、48式、88式太極拳は、楊澄甫の楊式太極拳を基礎に陳式、呉式、孫式などの太極拳の特長を付加して、中国体育教育のために、整理創作されたものです。

 

楊澄甫の著書には「太極拳体用全書」(1934年)があります。

 

 

 

 

 

太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室では、太極拳の推手を中心に練習しています。十五式太極拳(伝統楊式系)、基本功法(気功)と推手(太極推手)を練習中です。 興味のある方は、下記をご参照下さい。

 

場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00

 

TEL  09051393289

mail taijiquan20184@docomo.ne.jp

HP  https://sites.google.com/site/taijiquan20184/

 

 

 

 

 ○ブログ村○

 にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
にほんブログ村

楊式太極拳の第二世、楊班侯について!!

楊班侯は、中国武術である太極拳楊式太極拳の第二世です。

 

中国河北省永年県広府鎮の出身で、子供には兆鵬がいます。長兄楊鳳侯の子楊兆林にも太極拳を指導しました。

 

幼少より、学問より武術を好み、父親である、楊式太極拳創始者である楊露禅より、太極拳を学びました。

 

楊班侯は、父親の楊露禅が一を教えると、三を理解したと言われています。

 

そして若くして楊露禅の家伝を受け継ぎました。父に随い北京に出向き、17歳以後より「雄県劉」「万斤力」などの名だたる武術家を打ち破ったと言われています。

 

楊班侯の活躍により、楊式太極拳の不敗の評判は、清朝廷より中国全土に広がりました。彼の、代表弟子として、白忠信がいます。

 

北京の弟子としては、凌山、呉全佑などです。全佑は満族人で楊式小架太極拳を学びました。

 

全佑の子の呉鑑泉は、後に姓を呉に改め、呉式太極拳を創出しました。

 

 

 

 

 

 

太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室では、太極拳の推手を中心に練習しています。十五式太極拳(伝統楊式系)、基本功法(気功)と推手(太極推手)を練習中です。 興味のある方は、下記をご参照下さい。

 

場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00

 

TEL  09051393289

mail taijiquan20184@docomo.ne.jp

HP  https://sites.google.com/site/taijiquan20184/

 

 

 

 

 ○ブログ村○

 にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
にほんブログ村

6月、7月、8月の練習日程!!太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室

太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室の指導員です。6月、7月、8月の練習日程をご連絡いたします。

 

(6月)

6月6日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

6月13日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

 6月20日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

 6月27日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

 

(7月)

7月4日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

7月11日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

 7月18日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

 7月25日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

 

(8月)

8月1日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

8月8日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

 8月22日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

 8月29日(月)

仲宿地域センター、第一洋室

19:30~21:00

 

 

〈日曜補足練習会〉

(6月)

6月5日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

6月12日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

 6月19日(日)

小豆沢体育館、第2武道場

18:00〜19:00

 

 6月26日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

 

(7月)

7月3日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

7月10日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

 7月17日(日)

小豆沢体育館、第2武道場

18:00〜19:00

 

 7月24日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

 7月31日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

 

(8月)

8月7日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

8月14日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

 8月21日(日)

小豆沢体育館、第2武道場

18:00〜19:00

 

 8月28日(日)

下板橋駅前集会所、洋室

18:00〜19:00

 

 

 

(場所)

仲宿地域センター

板橋区氷川町12番10号     

03-3963-1621

 

板橋地域センター

板橋区板橋3丁目14番15号

03-3963-5049

 

富士見地域センター

富士見町3番1号         03-3962-9281

都営三田線「板橋本町」下車8分、東武東上線「中板橋」下車15分

 

下板橋駅前集会場

板橋二丁目3番1号       

03-3963-5049

(東武東上線「下板橋」下車2分、都営三田線「新板橋」下車10分、JR埼京線「板橋」下車10分)

 

板橋区立小豆沢体育館

板橋区小豆沢三丁目1番1号

03-3969-4166

都営三田線 志村坂上駅

 

 

太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室では、太極拳の推手を中心に練習しています。十五式太極拳(伝統楊式系)、基本功法(気功)と推手(太極推手)を練習中です。 興味のある方は、下記をご参照下さい。

 

場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00

 

TEL  09051393289

mail taijiquan20184@docomo.ne.jp

HP  https://sites.google.com/site/taijiquan20184/

 

 

 

 

 ○ブログ村○

 にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
にほんブログ村

 

 

 

 

太極拳の全身協調!!呼吸法と内功との一致!!

太極拳の練習は、ほとんどの場合、慢練で行います。つまり、ゆっくり動く練習法です。

 

この慢練を重視する太極拳の門派は、多くあります。ほとんどの太極拳の門派で、このような練習をします。

 

有名な太極拳の門派では、楊式太極拳が有名です。

 

太極拳の練習において、なぜゆっくり動く、慢練を重視する門派が多いのでしょうか。

 

そこには、いくつかの理由があります。その理由の一つは、全身協調を行うためです。

 

太極拳の基本的な考えとして、全身を同時に動かす要求があります。

 

これは、体の一部分、例えば、指先が動いたとするならば、その動く動作に合わせて、全身が協調して動く必要があるという事です。

 

太極拳で言う、全身協調とは、上盤、中盤、下盤の動作を協調させ、同時運用させる事だといえます。

 

しかし、上盤、中盤、下盤の動作だけを言う訳ではありません。

 

この、上盤、中盤、下盤の協調は、あくまでも、外形的な協調要求でしかありません。

 

本来、太極拳の全身協調とは、外形だけではなく、運気(気功)や呼吸、精神との協調も行います。

 

太極拳の初期の呼吸は、自然な呼吸で行いますが、本来、呼吸法にも練習法があり、套路(型)と一致させていきます。

 

このような、多くの要求を内在させて套路(型)を練習するためには、普通は、速く動く快練では、要求を満たす事は出来ません。本来、動く事すら難しいと言えます。

 

太極拳は、このような理由で、慢練を重視します。

 

高い要求を満たすためには、ゆっくり動く、慢練をせざるを得ないとも言えます。

 

 

 

 

 

太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室では、太極拳の推手を中心に練習しています。十五式太極拳(伝統楊式系)、基本功法(気功)と推手(太極推手)を練習中です。 興味のある方は、下記をご参照下さい。

 

場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00

 

TEL  09051393289

mail taijiquan20184@docomo.ne.jp

HP  https://sites.google.com/site/taijiquan20184/

 

 

 

 ○ブログ村○

 にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
にほんブログ村

太極拳のゆっくり動く「慢練」と全身協調!!

太極拳の練習は、ほとんどの場合、慢練で行います。つまり、ゆっくり動く練習法です。

 

この慢練を重視する太極拳の門派は、多くあります。

 

ほとんどの太極拳の門派で、このような練習をします。有名な太極拳の門派では、楊式太極拳が有名です。

 

太極拳の練習において、なぜゆっくり動く、慢練を重視する門派が多いのでしょうか。

 

そこには、いくつかの理由があります。その理由の一つは、全身協調を行うためです。

 

太極拳の基本的な考えとして、全身を同時に動かす要求があります。

 

これは、体の一部分、例えば、指先が動いたとするならば、その動く動作に合わせて、全身が協調して動く必要があるという事です。

 

太極拳門派によって、考え方は色々てすが、上盤、中盤、下盤の動作を協調させる事です。

 

上盤とは、鳩尾(みぞおち)から上の部分を言います。下盤とは、股関節、あるいは、下丹田から下の部分を言います。中盤とは、上盤と下盤の間の部分です。

 

この3つに分類された部位、部分の動作を協調させる事です。

 

人間は、手先が器用に動くため、全身を協調させて動く事を、普段はなかなか行いません。

 

例えば、近くの物を取る時、全身を使って動く事は、まずありません。

 

しかし、多くの動物は、人間のように手先が器用に動きません。そのため、全身を使わざるを得ないのです。

 

例えば、お風呂から出た後などに、体が濡れている場合、普通の人はどうするでしょう。

 

もちろんタオルなどを使いますが、手先だけで、体についた水滴を拭き取ると思います。

 

しかし、犬のような、手先が器用でない動物はどうするでしょうか。

 

犬は、多くの場合、体全身を捻り、震わせて、全身についた水滴を飛ばします。

 

あのような身体の使い方は、人間にはなかなか真似出来ません。犬が行う、あのような身体を、瞬間的に振り動かす事ができたなら、大きな威力を出せるでしょう。

 

これは、手先が器用に動かないゆえの、身体の使い方だと言えます。

 

人間は、手先が器用に動くように進化しましたが、ある意味では、全身の協調を行う、身体の使い方では、退化したとも言えます。

 

そして、人間が、犬のような、全身が効率良く、協調した動きをするためには、速く動いていては、雑な動作にしかなりません。

 

 

 

 

 

太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室では、太極拳の推手を中心に練習しています。十五式太極拳(伝統楊式系)、基本功法(気功)と推手(太極推手)を練習中です。 興味のある方は、下記をご参照下さい。

 

場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00

 

TEL  09051393289

mail taijiquan20184@docomo.ne.jp

HP  https://sites.google.com/site/taijiquan20184/

 

 

 

 

 ○ブログ村○

にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
にほんブログ村 

太極拳の慢練と楊式太極拳!!太極拳がゆっくり動く意味!!

太極拳の練習は、ほとんどの場合、慢練で行います。つまり、ゆっくり動く練習法です。

 

この慢練を重視する太極拳の門派は、多くあります。

 

ほとんどの太極拳の門派で、このような練習をします。

 

有名な太極拳の門派では、楊式太極拳が有名です。

 

太極拳の練習において、なぜゆっくり動く、慢練を重視する門派が多いのでしょうか。

 

そこには、いくつかの理由があります。

 

その理由の一つは、姿勢制御のためです。

 

太極拳を練習する際、姿勢の要求があります。

 

この要求は、門派によっても違いますが、一般的には、10種類あります。

 

これを十要、あるいは、十則と言います。

 

太極拳を長く練習している人は、幾つかの要求を聞いた事があるかもしれません。

 

虚霊頂頚や含胸抜背などの要求です。

 

このような要求が、10種類あるという事です。

 

この10種類の内容は、太極拳門派によって、微妙に違いがありますが、だいたい同じ内容だと言えます。

 

このような、10種類の要求を、原則守った状態を維持させながら、套路(型)を練習しなければなりません。

 

当たり前の話しですが、速く動いては、この10種類の要求を、守った状態を維持出来ません。

 

速く動けば、太極拳の動作に限らず、雑な動作となってしまいます。

 

また、ゆっくり動く慢練を続け、その姿勢と要求を、身体に癖付けすることが出来れば、速く動く快練をしても、理屈上は、慢練の時と同じ動作が出来るはずです。

 

つまり、この姿勢制御の要求を維持した状態で動くためには、ゆっくり動く慢練で、精密な練習をする必要があるという事です。

 

 

 

 

 

太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室では、太極拳の推手を中心に練習しています。十五式太極拳(伝統楊式系)、基本功法(気功)と推手(太極推手)を練習中です。 興味のある方は、下記をご参照下さい。

 

場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00

 

TEL  09051393289

mail taijiquan20184@docomo.ne.jp

HP  https://sites.google.com/site/taijiquan20184/

 

 

 

 

 ○ブログ村○

 にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ
にほんブログ村